作業中の男性

モノづくりの現場で多用される離型剤は製造業者のマストアイテム

SITEMAP

フッ素コート剤の特徴が生かされた離型剤の効果

男性

日常生活がスムーズに回るようにしてくれている多くの製品は、すべて、その製品が作られた目的に適う形状を維持することで、その役割を果たすことが出来ます。当たり前すぎて考えてみることもないかもしれませんが、これは実は、当然の事ではありません。
例えば、シリコン製品やゴム製品は、成形前の素材の状態では何ら具体的な役割を果たすことはできません。金型に流し込み、製品としての形を得たとしても、そのままで使えるわけでもありません。金型から外し、製品としての最終仕上げを行い、市場に出されて、初めて使えるようになります。
離型剤とは、金型から製品を分離するプロセスで使用するものであり、特に、主成分がフッ素コート剤のものは、この離型プロセスを非常にやりやすくしてくれます。それは、フッ素コート剤には、すべり性、非粘着性という、モノの表面に何かが付着するのを妨げる特性を付与する特徴があるからです。金型がフッ素コート剤でカバーされると、そこに流し込まれた素材は金型に付着しません。
そのため、成形物が金型に粘着して、それを剥がそうとしたときに壊れたり、型崩れしたりなどのトラブルがありません。
離型剤、中でも、フッ素コート剤が成分の離型剤は、このように、非粘着性という特徴ゆえに、綺麗な離型を可能にする効果を発揮します。