作業中の男性

モノづくりの現場で多用される離型剤は製造業者のマストアイテム

SITEMAP

製品の形を壊さずに分離できるフッ素コート剤使用の離型剤

作業員

市販のプラスチック製品やゴム製品を見ていると、同じ商品名、型番のものは、全て、寸法も形状も完璧に同じであることに気づきます。これは、素材を金型という成形用の道具に流し込んで形作っているためです。しかし、金型だけで、同じ形とサイズの製品を大量に製造できるかというと、実はそうではありません。デリケートな製品でも、壊さずに金型から外すことが出来るよう、金型に離型剤という薬剤を塗布しているのです。
離型剤の素材にはいくつかありますが、フッ素コート剤を使用しているものは特に優秀です。それというのも、フッ素コート剤を塗布され、フッ素樹脂の塗膜でカバーされた物質は、他の物資の付着を防ぐ非粘着性という性質を持つようになるからです。つまり、金型にフッ素コート剤を使った離型剤を塗布すると、金型の表面にフッ素樹脂による膜が作られ、これが、製品素材であるプラスチック、ゴムなどの粘着を防御する働きをします。粘着しないのですから、成形後にすっと剥がせるのは当然で、お陰で、成形で作られた形を一切変えることなく、製品を取り出すことができるのです。
フッ素コート剤が主成分の離型剤は、更に、塗膜が薄いというメリットもあります。これにより、製品そのものが薄型のものでも問題なく離型できるため、応用できる製品の幅が広いことも、大きな特長と言えます。