作業中の男性

モノづくりの現場で多用される離型剤は製造業者のマストアイテム

SITEMAP

ゴム製品の成型にはフッ素コート剤使用の離型剤がおすすめ

ワックス

ゴムを素材として使う製品は、それ自体製品でありながら単体としての用途を持たず、他の製品の部品として使用するものが沢山あります。ゴムチューブやパッキンなどがそのいい例です。製品は、一定の形状を持つことで実用性を備えるのが普通であり、ゴム製品の場合もそれは例外ではありません。
ことに、部品として使用される場合は、寸法や形状にほんの少しでも狂いがあると、他の部品との組み合わせがうまく行かず、使えないものになってしまいます。そのようなゴム製品を金型で成型して離型する場合は、やはり離型性能の優れたフッ素コート剤を使用した離型剤を塗布するのがおすすめです。
離型剤の素材はフッ素コート剤だけではなく、いくつか種類があります。しかし、塗布することで強力な非粘着性を付与できるフッ素コート剤特有の性能は、これ以上ないほど、離型剤に求められる役割にこそピッタリです。フッ素コート剤が主成分の離型剤を予め金型に塗布してゴムの成型を行うと、金型から分離する際に発生する製品の変形、破損が極めて少ないため、それだけ材料を無駄にしなくて済む上に、単位時間当たりの製品生産数を向上させることが出来ます。
フッ素コート剤使用の離型剤をゴム製品の成型に使用すると、経済性と効率性、そして生産性を、従来以上に高めることができるでしょう。